会計とは

会計は、一言でいうとお金や物品の出入りを計算することです。

ビジネスを行うと必ずお金や物の出入りが発生します。それを正しく計算し、状況を把握するために会計が必要になります。

なので、単に一年間の出入りを計算して税金を計算して終わりではなく、日々の活動において状況を把握するためにも会計を活用する必要があります。

 

会計と経理と財務

会計がお金や物品の出入りを計算することだと言いましたがそれなら、経理業務と同じではないかと感じる人もいるのではないでしょうか。

また、似たような言葉で財務という言葉もありますが違いが分かりにくいのではないでしょうか。

この3つは、それぞれ違いがあります。

 

会計

お金や物品の出入りを計算、管理など全般を指しています。

また、個人でも会社でも規模は関係なく会計と言います。

なお、会計は、お金や物品の出入りの事実を記録していくものとなります。

会計は、目的に合わせて「管理会計」と「財務会計」に分かれます。

経理

会計を行う仕事を経理と言います。単に出入りを計算するだけでなく、財務諸表損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書、株主資本計算書等 などを作成したり、税金の支払などの業務も行います。

財務

財務諸表などを元に資金の運用や調達、予算の管理などを行うことを財務と言います。

今後どのようにお金を使っていくかという未来のことを行うものとなります。

 

管理会計と財務会計の違い

管理会計

管理会計は、文字どおりお金や物品を管理し、自社の活動を改善したり、今後どのような活動を行えば良いか意思決定するために行う会計になります。

あくまで内部に向けた話になるため、法律の制限などは受けませんし、外部への報告義務もありません。

管理会計には、主に次のようなものが該当します。

  • 商品、サービスを販売するためににどのくらいお金が必要になっているかという原価計算
  • どの位販売すれば利益が出せるのかという損益分岐点計算
  • 現金の量を把握するキャッシュフロー計算
  • 予算の管理
  • 安全性・収益性・効率性を確認する経営分析

財務会計

財務会計は、財務諸表を中心とする会計の情報を外部のステークホルダー株主、債権者、税務当局などの利害関係者に提供するために行う会計になります。

特に、会社法や商法、金融商品取引法などの法律の規制に則って実施する財務会計のことを「制度会計」と呼ばれる。

関連する法律と目的等は、次のとおりです。

対象の法律

目的

対象者

規定内容

金融商品取引法 投資家の保護 株式公開会社 投資判断に必要な経営成績や財政状態の開示の仕方
会社法 債権者の保護 全社 配当可能利益の算定の仕方
法人税法 公平な課税 全社 法人の課税所得の算定の仕方

 

 

発生主義と実現主義

お金や物品の出入りを計算するのが会計と説明しましたがいつのタイミングで記録するか対象によって異なります。

費用などは、発生した都度計算します。

例えば、商品の材料を仕入れると費用が発生しますがそのタイミングでは支払いをせずに月末にまとめて支払っているとします。そうすると、お金は動きませんが費用の支払いは発生したため、発生をもって記録する考え方です。

一方収益などは、実現した時点で計算することになっています。

 

会計の原則

日本の会計には、会計の慣行を取りまとめた「企業会計原則」という指針があります。

会計制度の規範として取り扱われており、7つの一般原則が定められています。

  1. 企業会計は、企業の財政状態及び経営成績に関して、真実な報告を提供するものでなければならない。
  2. 企業会計は、すべての取引につき、正規の簿記の原則に従って、正確な会計帳簿を作成しなければならない。
  3. 資本取引と損益取引とを明瞭に区別し、特に資本剰余金と利益剰余金とを混同してはならない。
  4. 企業会計は、財務諸表によって、利害関係者に対し必要な会計事実を明瞭に表示し、企業の状況に関する判断を誤らせないようにしなければならない。
  5. 企業会計は、その処理の原則及び手続を毎期継続して適用し、みだりにこれを変更してはならない。
  6. 企業の財政に不利な影響を及ぼす可能性がある場合には、これに備えて適当に健全な会計処理をしなければならない。
  7. 株主総会提出のため、信用目的のため、租税目的のため等種々の目的のために異なる形式の財務諸表を作成する必要がある場合、
    それらの内容は、信頼しうる会計記録に基づいて作成されたものであって、政策の考慮のために事実の真実な表示をゆがめてはならない。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す