流動性リスク管理部門の管理者及び資金繰り部門の管理者の役割・責任

流動性リスク管理部門及び資金繰り管理部門の各部門管理者の役割と責任を説明します。

流動性リスク管理規程の整備

【金融検査マニュアルのチェック項目】

流動性リスク管理部門の管理者は、流動性リスクの所在、流動性リスクの種類・特性及び流動性リスク管理手法を十分に理解し、流動性リスク管理方針に沿って、流動性リスクの特定、評価及びモニタリングの方法を決定し、これに基づいた流動性リスクのコントロール及び削減に関する取決めを明確に定めた流動性リスク管理規程を策定しているか。流動性リスク管理規程は、取締役会等の承認を受けた上で、組織内に周知されているか。

本チェックリストでは、流動性リスク管理部門の管理者の役割・責任として「流動性リスク管理規程」を立案することを挙げています。
流動性リスク管理規程は、リスク管理の構成要素にしたがって、「リスクの特定」、「評価」、「モニタリング」、「コントロール、削減」について、規程したもので、次のチェック項目で具体的な内容が例示されています。
なお、「流動性リスク」は「資金繰りリスク」と「市場流動性リスク」から構成されますので、流動性リスク管理規程は資金繰りリスク管理、市場流動性リスク管理について、規定することになります。

 

流動性リスク管理規程の内容

【金融検査マニュアルのチェック項目】

流動性リスク管理規程の内容は、業務の規模・特性及びリスク・プロファイルに応じ、流動性リスク管理に必要な取決めを網羅し、適切に規程されているか。
例えば、以下の項目について明確に記載される等、適切なものとなっているか。

  • 流動性リスク管理部門及び資金繰り管理部門の役割・責任及び組織に関する取決め
  • 流動性リスクに影響を与える要因の特定及び要因発生時の報告基準に関する取決め
  • 流動性リスクの分析・評価方法に関する取決め
  • 流動性リスクのモニタリング方法に関する取決め
  • 流動性リスクの限度枠の設定に関する取決め
  • 資金繰りのひっ迫度区分及び判定基準に関する取決め
  • 資金繰りの各ひっ迫度区分における管理手法、報告方法、決済方法及び対応策に関する取決め
  • 流動性危機発生時の金融機関全体での対応策に関する取決め
  • 取締役会等に報告する態勢に関する取決め

本チェック項目では、流動性リスク管理規程の内容となる項目について、例示されています。
これらの中では、資金繰りリスクが顕在化する兆候が現れたときに具体的にどのように対処しなければならないかを規定する「資金繰りのひっ迫度区分及び判定基準に関する取決め」、「資金繰りの各ひっ迫度区分における管理手法、報告方法、決済方法及び対応策に関する取決め」がポイントになります。

 

流動性危機時の対応策(コンティンジェンシー・プラン)の策定

【金融検査マニュアルのチェック項目】

流動性リスク管理部門の管理者は、流動性リスク管理方針、流動性リスク管理規程に則り、流動性危機時の対応策(コンティンジェンシー・プラン)を策定しているか。当該対応策に、流動性危機の定義、流動性危機時の連絡・報告体制(直接代表取締役に報告される体制等)、対処方法(調達手段の確保)、決済権限・命令系統等が明確に定められているか。流動性危機時の対応策(コンティンジェンシー・プラン)は、取締役会等の承認を受けた上で、周知されているか。

流動性リスクは、顕在化した場合に経営破たんに直結するリスクであるため、コンティンジェンシー・プランの策定が重要になります。
このコンティンジェンシー・プランでは、状況の急変に対応できるだけの迅速性をもって経営陣に報告され、必要な判断・指示を行う体制となっているか、流動性リスク管理部門及び流動性リスク管理部門及び資金繰り管理部門の管理者が適切な初期行動ををとることができると態勢となっているかが問われます。

 

流動性リスク管理部門の管理者及び資金繰り管理部門の管理者による組織体制の整備

【金融検査マニュアルのチェック項目】

  1. 流動性リスク管理部門の管理者は、流動性リスク管理方針及び流動性リスク管理規程に基づき、適切な流動性リスク管理をおこなうため、流動性リスク管理部門の態勢を整備し、けん制機能を発揮させるための施策を実施しているか。
  2. 流動性リスク管理部門の管理者は、統合的リスク管理に影響を与える態勢上の弱点、問題点を把握した場合、統合的リスク管理部門へ速やかに報告する態勢を整備しているか。
  3. 流動性リスク管理部門の管理者は、統合的リスク管理管理方針等に定める新規商品等に関し、統合的リスク管理部門の要請を受けた場合、事前に内在する流動性リスクを特定し、統合的リスク管理部門に報告する態勢を整備しているか。
  4. 流動性リスク管理部門の管理者及び資金繰り管理部門の管理者は、リスク・プロファイルに見合った適切な流動性リスク管理を行う観点から、例えば、大口取引動向など、取得すべき情報を特定し、当該情報を保有する部門から定期的に又は必要に応じて随時、報告を受ける態勢を整備しているか。
  5. 流動性リスク管理部門の管理者及び資金繰り管理部門の管理者は、業務の規模・特定リスク・プロファイルに見合った信頼度の高い流動性リスク管理システムを整備しているか。
  6. 流動性リスク管理部門の管理者及び資金繰り管理部門の管理者は、流動性リスク管理を実効的に行う能力を向上させるための研修・教育態勢を整備し、専門性を持った人材の育成を行っているか。
  7. 流動性リスク管理部門の管理者及び資金繰り管理部門の管理者は、定期的に又は必要に応じて随時、取締役会等が設定した報告事項を報告する態勢を整備しているか。特に、経営に重大な影響を与える事業については、取締役会等に対し速やかに報告する態勢を整備しているか。

「流動性リスク管理部門の管理者」と「資金繰り管理部門の管理者」が、それぞれの部門の組織体制について整備していく際に留意すべきポイントが示されています。双方の管理者がどのように役割分担するか調整し、明確化した上で関係部署に周知しておく必要があります。

 

流動性リスク管理規程及び組織体制の見直し

【金融検査マニュアルのチェック項目】

流動性リスク管理部門の管理者は、継続的に流動性リスク管理部門及び資金繰り管理部門の職務の執行状況に関するモニタリングを実施しているか。
また、定期的に又は必要に応じて随時、流動性リスク管理体制の実効性を検証し、必要に応じて流動性リスク管理規程等及び組織体制の見直しを行い、又は取締役会等に対し改善のための提言を行っているか。

流動性リスク管理部門の管理者は、自らが責任を負う流動性リスク管理の状況について、改善すべき問題点がないかチェックを行い、必要な手当てをしていく必要があります。

 

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す