事業計画書にまとめよう

ビジネスが骨子が決まったら、アウトプットして整理してみるとより具体化させることができます。
ビジネスのプランをまとめたものを事業計画書(ビジネスプラン)といいます。

とにかく始めてみるのも一つの方法ではあるのですが最低限の計画は必要になります。
見込みもないビジネスを始めるのはリスクがあります。

事業計画書はなぜ必要か

構想を具体的にする

考えたビジネスの内容を事業計画書を作成することで具体化します。
そうすることで、ビジネスに足りない部分が見えてきます。
ビジネスは、一般的に様々な要因が関係します。一人で行うといっても仕入れなどの取引先があったり、資金の問題があったりします。
そのため、不足している部分を洗い出し多面的な観点で確認する必要があります。

他人に協力してもらう

自分が考えたビジネスを誰かに協力してもらいたい場合、その人にビジネスの内容を説明する必要が出てきます。
その際、論理的に説得力を持って説明しないと相手には伝わりません。
そのために事業計画書としてビジネスの内容をまとめて説明するのです。
融資制度を活用する際にも事業計画は必要となりますので必要なお金を融資などで調達することを考えている場合は、必須になります。金融機関によっては、事業計画書を提出するのは、当然のこととして提出のアドバイスしないことがあるので注意が必要です。
融資を申し込む際は、申込書だけでなく必ず事業計画書も提出するようにしましょう。

 

事業計画書の内容は

事業計画書には、代表者の経歴から始まりビジネスの目的・動機、ビジネスの内容、事業収支、取引先などの観点を検討して作成する必要があります。

それぞれポイントについて、解説します。

事業計画書の構成

 

 

事業概要

代表者の経歴

代表者の方の経験は、強みをアピールする上で重要です。融資を受ける際には注目されます。
これから始める事業に関わる経験があれば、成功する可能性が高いと見られるでしょう。

事業の背景(動機)

事業を行う背景もしっかり説明する必要があります。なぜこの事業をやろうと思ったのか、代表者の思いが伝わらなければ、他人に協力してもらうことはできません。

事業の概要

事業の背景と合わせて事業のコンセプト(概念や考え方など)を整理します。
考慮するポイントは、「顧客」、「商品、サービスの特徴」、「独自の強み」、「ビジネスモデルの仕組み」、「提供価値」などを考慮して整理しましょう。

事業計画概要

ビジネスモデル

事業の全体像を描きどのように儲けを生むのかを整理します。
ビジネスモデル作成のフレームワークとして、9つの要素で表す方法を紹介します。

  1. 顧客
    お客さまは誰でどんなニーズを持っているのか。
  2. 提案
    お客さまに対してどのようなメリットを提案するか。
  3. 流通(チャネル)
    商品、サービスをどのようなルートでお客さまに届けるか。
  4. 顧客との関係
    お客さまと関係をどのように築き維持するのか。
  5. 収入と流れ
    お客さまから商品、サービスの対価をどのような方法(売り切り、月額制など)でいくらもらうか。
  6. 活動と付加価値
    ビジネスモデルを成立させるためにどのように取り組むか。
  7. リソース
    事業を行う主体がどのようなリソース(経営資源)を持っているか。
  8. パートナー
    商品、サービスを提供する上で協力してもらえる事業者がいるか。
  9. コスト構造
    商品、サービスを提供する上で必要なコストはどんなものがあるか。

事業理念・事業ビジョン

事業理念は、その事業を行う上で大切にする価値観を表すもので事業を行っていく上で基礎となるものです。
事業ビジョンは、事業の将来像を表しています。将来的に目指す姿を表すものになりますので短期的な将来像ではなく長期的に取組みを行い目指す姿を描きます。

事業収支計画

資金繰りを明確にする必要があります。融資を受けるのであれば必須となります。
特に今後5年位までを目処に作成する必要があります。

また、各数字は、事業計画書の他の記載と辻褄が合っている必要があります。
単に収益が出るように見えるように書くのであれば簡単です。
しかし、本当に大事なのは、記載した数字と前段で作成した事業計画が合っている必要があるのです。
事業計画を実行した結果が収支の結果として現れるからです。

仮に融資を受けるのであれば、融資を受けられた場合のケースと受けられなかった場合のケースを
それぞれ整理しておくとより現実的な計画になります。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す