法令等遵守とコンプライアンス

コンプライアンスとは、単に法令を遵守するという意味ではなく、社会からの期待や信頼を踏まえ、各企業が確立した倫理規範を浸透・定着させること(または、その取組)をいいます。

特に公共性が高い事業を行う企業は、他の企業と比較して高度なコンプライアンスの取組が求められます。

1.法令遵守の限界とコンプライアンスの意味

わが国では、コンプライアンス一般に「法令遵守(順守)」と呼ばれています。
英語のコンプライアンスという単語は、「〜を守ること、〜に従うこと」を意味しますが、それだけでは実質的な意味を持ちません。

前述のコンプライアンスを法令遵守とする見解は、守るべき対象を法令にしたものと言えるでしょう。しかし、そのように理解するとおかしなことになります。元々法律を守ることは、今も昔も当然の義務です。
また、日々の企業活動では、法律を読んだだけでは意味が明確ではいものや、解釈がわかれる法律の「グレーゾーン」に直面します。コンプライアンスを法令遵守と理解していると、グレーゾーンに直面したとき、正しい判断ができなくなってしまう可能性があります。
さらに、「コンプライアンス=法令順守」は、法律に違反しないことと理解していると、法律に反しなければ何をしてもよいとか、法律の「抜け穴」をいかに見つけるかといった誤った姿勢に繋がりかねません。

本来企業は、社会や消費者・顧客にとって役に立ち、何らかの価値があるから存在することができます。企業は、社会や消費者・顧客の期待や信頼に答えて行動するからこそ存在意義を持つのです。
とすれば、コンプライアンスも企業の存在意義にさかのぼって理解する必要があるでしょう。
企業が果たす社会的な存在意義から考えたとき、コンプライアンスとは社会や顧客からの期待や信頼を踏まえ、(法令を超えた)自社の論理的な価値基準に照らして物事を判断し、実践すること、また、それを推進する取り組みと定義することが適切であると考えられます。
遵守の対象をどう考えるかという点に戻れば、それを法令に限定せず、社会や消費者の期待や信頼を踏まえた自社の倫理規範と考えるべきなのです。

【コンプライアンスの本質的な意義】

 

2.エシックス・コントロールの積極的な意味

わが国でコンプライアンスと表現している領域は、欧米では、「Ethical-Legal Compli-ance(倫理法令遵守)」と理解されています。場合によっては、「Business Ethics(企業倫理、ビジネス倫理)」の実践とも言われます。
具体的に説明すると、法令や規制の遵守は当然のこととして、さらに自社の経営理念・使命(ミッション)を実践するために、固有の倫理的な価値観(エシックス)を全社員にいかに共有させるか、エシックスの徹底をどのように管理するかという「エシックス・コントロール(Ethics Control)」を中心に置く考え方です。

わが国でも、企業が公正かつ透明で健全な経営を実現し、中長期的にその価値を高めるために、外部からの強制によるものではなく、自主的に「企業として行動する際の具体的な基準となる原則(倫理綱領、行動規範: Code of Conduct, Code of Ethics)」を定め、これを社内に浸透させ、役職員に実践させることをコンブライアンスの中核と捉える必要があります。

【Ethics Controlの概念】

  • 経営者や従業員にとって、法律や命令を遵守し、これらに基づいた業務判断や日常業務を遂行することは当然の義務
  • 外部からの強制でなく、企業の存続や中長期的な成長のために法令より高いレベルの倫理行動規範などを設定し、これを役職員が実践するような仕組みを整備し、運用すること。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す