クレジット・レビュー

クレジット・レビューとは、与信の質や与信管理プロセスの適切性を評価する機能です。
平成19年2月改定以降の金融検査マニュアルでは、与信管理部門がクレジット・レビューを担うことになっています。

クレジット・レビューとは

クレジット・レビュー(credit review)とは、端的には、「与信の質や与信管理プロセスの適切性を評価する機能」を言います。

本来的に、クレジット・レビューを担当する部署は、営業推進部門など、信用供与に携わる部署の影響を受けることなく、独立して信用度の評価や管理プロセスの評価を行う「信用リスク管理におけるミドルオフィス」として位置づけられます。
クレジット・レビューを担当する部署の機能として、一般的には、次のような機能が考えられます。

クレジット・レビューを担当する部署の機能例

  • 個別与信の評価と査定
    ここの融資が銀行の信用リスク管理規程に沿って行われているか、融資契約に従った返済があるか、担保の評価は妥当化、といった与信の質についての詳細な検証を行う機能
  • 与信ポートフォリオの質とパフォーマンスの評価
    与信ポートフォリオの集中度のチェック、ポートフォリオの収益性と損失のバランス等のチェックを行う機能
    中でも、クレジット・レビューを行い、適切な償却・引当ができているか否かをレビューし、管理態勢を改善させていく機能
  • 信用リスク管理が機能しているかどうかの評価と報告
    信用リスク管理態勢の有効性の評価、リスク管理態勢が現場に適合したものとなっているか、目的どおり有効に機能しているかをチェックする機能

特に上記の2点目、3点目の機能が重要になります。

融資担当者及び審査担当者は、自ら行った与信の格付や与信の結果について責任を負いますが、与信管理状況の監視機能であるクレジット・レビューを担当する部署は、定期的に格付の適合及び格付見直しのプロセスのあり方を評価するほか、業種別等の与信集中の有無を定期的にチェックする重要な役割を担っています。

 

与信監査から「与信管理」へ

わが国においては、平成10年の早期是正措置導入時、このクレジット・レビューの機能は、「資産管理」あるいは「与信監査」として日本語に翻訳されたため、その後平成12年になって金融検査マニュアルで強調されることとなった「内部監査」との関係が曖昧で、各金融機関における位置づけもまちまちでした。
例えば、日本公認会計士協会による「銀行等金融機関の資産の自己査定に係る内部統制の検証並びに貸倒引当金の監査に関する実務指針(銀行等監査特別委員会報告第4号)」 (平成9年4月)の中では、次のように記述されています。

【自己査定の実施部署】

自己査定の実施に当たっては、営業店及び本部貸出承認部署(以下「営業関連部署」という。)で査定を実施し、査定結果を営業関連部署から独立した資産幣査部門で監査をする方法、又は、営業関連部署の協力の下に営業関連部署から独立した資産査定部署が査定を実施する方法が考えられる。いずれの場合も、営業関連部署に対し牽制機能が十分に働いているか確かめる。
なお、資産監査部署又は資産査定部署の担当者は査定実務に精通していることが必要であることに留意する。

この記述で示された考え方は、金融検査マニュアルにも引き継がれていますが、「資産監査部署」・「資産査定部署」の位置づけや他の部署との関係については必ずしも判然としたものではありませんでした。
また、先に触れたバーゼル銀行監督委員会の「信用リスク管理の諸原則」(2000年9月)では、「与信監査」、すなわちクレジット・レビューの機能について、次のように述べられていますが、原文では、内部与信監査(Internal credit review)の機能は、 信用リスク管理プロセスに対する内部監査(Internal audits of the credit risk process)の機能とは別の個所で説明されており、用語も使い分けされていることから、クレジット・レビュー(与信監査)が内部監査機能にあたらないように見えます。

バーゼル銀行監督委員会「信用リスク管理の諸原則」

(原則14)

銀行は、自行の信用リスク管理プロセスの評価を継続的に行うための、独立した体制を構築しなければならず、そうした検証の結果は、取締役会や上級管理職に直接報告されるべきである。

74.営業部署から独立した職員が行う内部与信藍杏は、個別の与信や与信ポートフォリオ全体の質についての重要な評価を提供するものである。そのような与信監杏部署は、全体の与信管理プロセスを評価したり、内部信用格付の正確性についての判断、与信担当者が個々の与信の適切なモニタリングを行っているかの判断に役立つものである。与信監査部署は、取締役会、監杏委員会、あるいは貸出権限を持たない上級管理職(例えば、リスク管理部署の上級管理職)に対して直接報告を行うべきである。

(74原文)

Internal credit reviews conducted by individuals independent from the business function provide an important assessment of individual credits and the overall quality of the credit portfolio. Such a credit review function can help evaluate the overall credit administration process, determine the accuracy of internal risk ratings and judge whether the account officer is properly monitoring individual credits. The credit review function should report directly to the board of directors, a committee with audit responsibilities, or senior management without lending authority (e.g., senior management within the risk control function).

平成19年改定以降の金融検査マニュアルでは、「与信監査部門」に代えて「与信管理部門」という用語を用いて、内部監査(Audit)機能ではなくミドルオフィス(リスク管理部門)の機能であることを明確にしています。

さらに、バーゼルIIに基づく自己資本比率規制に関わる金融庁告示の中では、特に、自己資本比率の算出にあたって内部格付手法を用いる金融機関に対して、与信部門及び与信業務の担当者から機能的に独立した「信用リスク管理部署」の設置が求められて いますが(金融庁告示19号202条2項)、この「信用リスク管理部署」がまさしくクレジット・レビューの機能(同条3項参照)を担う部署に該当します。

このような状況から、各金融機関では従来「与信監査部」で所管してきた業務について改めて機能面から整理し、信用リスク管理に関わる他の関連部署との業務分掌の見直しを行う必要があります。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す