信用リスク管理部門の役割・責任

信用リスク管理部門には、「審査部門」、「与信管理部門」、「問題債権の管理部門」があります。
それぞれの部門の役割について、解説します。

審査部門の役割・責任

【金融検査マニュアルにおけるチェック項目】

(ⅰ)部門は、例えば、営業推進部門等から独立し、審査部門の担当取締役は営業推進部門等の取締役が兼務していないなど、営業推進部門等の影響を受けない体制となっているか。
なお、審査部門が営業推進部門等から独立していない場合及び審査部門の担当取締役が営業推進部門等の取締役と兼務している場合には、適切な審査を行うための牽制機能が確保されているか。

(ⅱ)審査部門は、与信先の財務状況、資金使途、返済財源等を的確に把握するとともに、与信案件のリスク特性を踏まえて適切な審査及び管理を行っているか。例えば、シンジケート・ローンに参加する場合、借入人について適切に実態を把握し融資判断を行っているか。
また、シンジケート・ローンやプロジェクト・ファイナンスへの参加等において、いわゆるコベナンツを用いる場合には、これを適切に設定・管理を行う態勢となっているか。

(ⅲ)審査部門は、営業推進部門等において、審査部門の指示が適切に実行されているか検証しているか。

(ⅳ)審査部門は、営業推進部門等に対して、健全な事業を営む融資先の技術力。販売力・成長性等や事業そのものの採算性・将来性を重視し、担保や個人保証に依存しすぎないように周知徹底を図るとともに、営業推進部門等が適切に実行しているか検証しているか。

(ⅴ)審査部門は、金融円滑化管理責任者と適切に連携し、新規融資や貸付条件の変更等の相談・申込みへの対応のうち、金融円滑化の趣旨に照らして、不適切又は不適切なおそれのあるものについて、適時適切に情報を収集し、金融円滑化管理責任者に報告しているか。

審査部門の役割・責任について説明します。

(ⅰ)審査部門の営業推進部門等からの独立性

過去には、リスク管理に精通していないコンサルティング会社等のアドバイスを入れて、リレーションシップ・マネジメントの高度化として営業推進部門と審査部門を統合したために、問題企業への過度な融資に歯止めがかからず、そのことが一因となって破綻に至った金融機関の例もあります。

相互牽制機能を効かせることは、信用リスク管理態勢を含め、全てのリスク管理態勢を構築する際の基本です。

(ⅱ)審査部門の与信先情報の把握と信用格付の正確性の検証

審査部門は、与信先の財務状況、資金使途、返済財源等を的確に把握し、信用格付の正確性を検証します。

金融検査マニュアルでは、シンジケート・ローンに関して言及がされていますが、これは、金融検査マニュアルに関するFAQにおいて、「レンダーである金融機関において、自らが与信管理を行うために必要な情報をアレンジャー及びエージェントから入手する態勢になっておらず、リスク管理が結果的に不十分となっている例が見受けられていることから、例示されたものとなります。

(ⅲ)審査部門のチェック

審査部門により、営業推進部門において、審査部門の指示が適切に実行されているかどうか、健全な融資態度が確立されているかどうか、また、不適切な資金回収が行われていないかなどをチェックする必要があります。

審査部門は、営業推進部門に対して、銀行法や金融検査マニュアルに示された精神をベースとして、健全な事業を営む融資先に対する資金提供の拒否や資金回収を行うなどの不適切な取扱を行わないよう周知徹底を図り、営業推進部門が不適切な取扱を行っていないかを検証する義務があります。

(ⅳ)中小・零細企業への留意点

自己査定の債務者区分の判断においては、次のように示されており、また、金融検査マニュアル別冊「中小企業融資編」の記述とも平灰を合わせたものとされています。

「特に、中小・零細企業等については、当該企業の財務状況のみならず、当該企業の技術力、販売力や成長性、代表者等の役員に対する報酬の支払状況、代表者等の収入状況や資産内容、保証状況と保証能力等を総合的に勘案し、当該企業の経営実態を踏まえて判断するものとする。」

(ⅴ)金融円滑化管理責任者への報告態勢

信用リスク管理部門のうち、審査部門について、金融円滑化推進・管理の重要性に鑑み、金融円滑化管理責任者と適切に連携します。
また、顧客からの新規融資や貸付条件の変更等の相談・申込みへの対応のうち、金融円滑化の趣旨に照らし不適切なもの等についての情報収集を行い、金融円滑化管理責任者に報告する態勢の整備が求められています。

(ⅴ)のチェック項目については、同内容の項目が、「2 与信管理部門の役割・責任」のチェック項目欄の(ⅵ)及び「3 問題債権の管理部門の役割・責任」のチェック項目欄の(ⅲ)にも記載があります。

なお、金融検査マニュアルの脚注には、信用リスク管理部門として記載のある審査部門、与信管理部門及び問題債券の管理部門について、組織形態としてこれらの部門が設置されているかを検証するのではなく、これらの部門の役割・責任が機能として果たされているかを検証することに留意する旨の記載があります。

 

与信管理部門の役割・責任

【金融検査マニュアルにおけるチェック項目】

(ⅰ)与信管理部門は、与信先の業況推移等の状況等について、金融機関と連結対『 象子会社及び持分法適用会社とを、法令等に抵触しない範囲で、一体として管理する機能と権限を有しているか。
また、貸出金のみならず信用リスクを有する資産及びオフ・バランス項目(市場取引に係る信用リスクを含む。)について、統合的に管理する態勢となっているか。

(ⅱ)与信管理部門は、直面する信用リスクを洗い出し、洗い出したリスク・プロファイルを踏まえ、管理対象とするリスクを特定しているか。
また、当該金融機関の業務の規模・特性及びリスク・プロファイルに応じ、信用格付等を用いて信用リスクの評価・計測を行っているか。

(ⅲ)与信管理部門は、クレジット・リミットの設定や与信集中リスクの管理等を通じて、信用リスクを適切にコントロールしているか。

(ⅳ)与信管理部門は、与信ポートフォリオの状況(特定の業種又は特定のグループに対する信用集中の状況等)を適切に把握・管理するとともに、ポートフォリオの状況を定期的に取締役会等に報告しているか。

(ⅴ)与信管理部門は、新規商品等の取扱い、海外拠点・子会社での業務開始を行う場合には、信用リスクを特定しているか。

(ⅵ)与信管理部門は、金融円滑化管理責任者と適切に連携し、新規融資や貸付条件の変更等の相談・申込みへの対応のうち、金融円滑化の趣旨に照らして、不適切又は不適切なおそれのあるものについて、適時適切に情報を収集し、金融円滑化管理責任者に報告しているか。

(ⅶ)与信管理部門は、信用格付の正確性や与信先の管理などの与信管理の適切性について検証するとともに、その検証結果を定期的に及び必要に応じて随時、取締役会等に報告しているか。

本チェック項目は、信用リスク管理部門の中核となる「与信管理部門」の役割・責任について示しています。

与信管理部門の役割・責任として次の項目があります。

  • 信用リスクの統合的な管理
    (子会社等を含めた一体管理、市場取引に関わる信用リスク等も含む)
  • 信用リスクの洗い出し、管理対象とする信用リスクの特定
  • 信用格付等を用いた信用リスクの評価・計測
  • 信用リスクのコントロール
    (クレジット・リミットの設定、与信集中のリスクの管理)
  • 与信ポートフォリオの状況の把握・管理
  • 新規商品等の取扱、新規業務開始の際の信用リスクの特定
  • 与信管理の適切性の検証
    (信用格付の正確性、与信先の管理の適切性)

バーゼルⅡを踏まえた自己資本比率規制の告示の中では、内部格付け採用行は、「信用リスク管理部署」の設置が求められていますが、この機能も基本的には、与信管理部門の業務の一部をなすものと考えることができます。
また、与信管理部門としての機能を複数の部署が担う態勢となっている(例えば、貸出金、債券投資、市場取引等について別々の部署がそれぞれの信用リスクを所管・管理し、これらの信用リスクを一体として管理する与信管理機能を統合的リスク管理部署の中に置く)金融機関の場合には、機能的側面に着目します。
また、次の信用リスク管理部門に関する脚注の記載が本チェック項目に関しても適用されることになります。

【信用リスク管理部門に関する脚注】
信用リスク管理部門を独立した態様で設置しない場合〔中略〕には、当該金融機関の規模・特性及びリスク・プロファイルに応じ、その態勢のあり方が十分に合理的で、かつ、機能的な側面からみて部門を設置する場合と同様の機能を備えているかを検証する。

 

問題債権の管理部門の役割・責任

【金融検査マニュアルにおけるチェック項目】

(ⅰ)問題債権の管理部門は、問題債権が金融機関の経営の健全性に与える影響を認識し、信用リスク管理規程に基づき、問題債権として管理が必要な債権を早期に把握する態勢を整備しているか。
また、国際統一基準適用金融機関(1)にあっては、問題債権を管理・回収する部門が専担の体制となっているか。
なお、国内基準適用金融機関にあっても、問題債権を管理・回収する部門は専担の体制となっていることが望ましい。

(ⅱ)問題債権の管理部門は、信用リスク管理規程に基づき、問題先の経営状況等を適切に把握・管理し、必要に応じて再建計画の策定や整理・回収を行っているか。

(ⅲ)問題債権の管理部門は、金融円滑化管理責任者と適切に連携し、新規融資や貸付条件の変更等の相談・申込みへの対応のうち、金融円滑化の趣旨に照らして、不適切又は不適切なおそれのあるものについて、適時適切に情報を収集し、金融円滑化管理責任者に報告しているか。

(ⅳ)問題債権の管理部門は、問題債権の状況について取締役会等が定めた報告事項を報告するための態勢を整備しているか。

信用リスク管理部門を構成する3番目の機能として、「問題債権の管理部門」の役割・責任について、示しています。

(ⅰ)問題債権とリスク管理

問題債権すなわちリスクの度合い(損失の可能性)が高いところに対しては、十分な経営資源を投入し、より厳格なリスク管理を行うことが鉄則です。
不良債権問題の解決が金融機関の喫緊の課題とされていた中で、「問題債権を他の通常の債権から切り離した上で、集中的かつ専門的に再生支援・管理・回収を図ることで不良債権処理に取り組んできました。

金融検査マニュアルでは、国際統一基準適用金融機関に対して問題債権を管理・回収する部門を専担部署として設置されていることを要求ししています。
また、国内基準適用金融機関でもそのような組織体制とすることが望ましいものとしています。

(ⅱ)問題債権の管理

問題債権の管理の実質面に関しては、信用リスク管理規程に基づき、問題先に対する取組方針を明確にした上で、再建を支援する先については、再建計画の策定、経営指導を行い、回収する先については、適切に整理回収が行われていることが求められています。

(ⅲ)金融円滑化管理責任者との連携

問題債権の管理部門と金融円滑化管理責任者との適切な連携が示されています。

(ⅳ)取締役会等への報告

問題債権の管理状況については、部門内で完結させることなく、取締役会等に報告する必要があります。
一部の取締役等にしか自社の不良債権の実態が知らされていないということはあってはならないことです。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す