評価・改善活動

取締役会等は、信用リスク管理の実行性について分析・評価した上で、適時適切に改善活動を進めなければなりません。

分析・評価

1.信用リスク管理の分析・評価

【金融検査マニュアルのチェック項目】

締役会等は、監査役監査内部監査及び外部監査の結果、各種調査結果並びに各部門からの報告等全ての信用リスク管理の状況に関する情報に基づき、信用リスク管理の状況を的確に分析し、信用リスク管理の実効性の評価を行った上で、態勢上の弱点、問題点等改善すべき点の有無及びその内容を適切に検討するとともに、その原因を適切に検証しているか。
また、必要な場合には、利害関係者以外の者によって構成された調査委員会等を設置する等その原因究明については万全を期しているか。

取締役会等は、信用リスク管理体制の改善を図るため、信用リスク管理が有効に機能しているかどうか、プロセスチェックを行う必要があります。
監査役監査、内部監査、外部監査の結果報告や自ら関連部署に行わせた調査の結果、各部門からの報告など、あらゆる情報を収集した上で、自社の信用リスク管理体制について分析・評価を行います。
これらの情報は、必ずしも信用リスク管理態勢の弱点や問題点を報告することを目的としたものとは限りませんから、これらの報告の情報の中から弱点や問題点の所在、その奥にある原因を把握する感度(センシティビティ)を洞察力をそなえていることがポイントになります。

2.分析・評価ブロセスの見直し

【金融検査マニュアルのチェック項目】

締役会等は、定期的に又は必要に応じて随時、信用リスク管理の状況に関する報告・調査結果等を踏まえ、分析・評価のプロセスの有効性を検証し、適時に見直しているか。

取締役会等は、信用リスク管理態勢の実効性を改善させるために、信用リスク管理の状況の分析とそれに基づく信用リスク管理の実効性の評価を行います。
その分析・評価のプロセス自体についても、改める点がないかどうか見直しが必要です。

 

改善活動

1.改善の実施

【金融検査マニュアルのチェック項目】

取締役会等は、上記3.(1)の分析・評価及び検証の結果に基づき、必要に応じて改善計画を策定しこれを実施する等の方法により、適時適切に当該問題点及び態勢上の弱点の改善を実施する態

勢を整備しているか。

取締役会等は、前述の分析・評価および検証の結果に基づいて、信用リスク管理態勢の弱点や問題点を改善させる具体的な「改善計画(アクション・プラン)」を策定し実行させていくことが求められています。
改善の進捗を確実に管理させるためのツールとして、「改善計画」を明示したことが着目されます。

2.改善活動の進捗状況

【金融検査マニュアルのチェック項目】

締役会等は、改善の実施について、その進捗状況を定期的に又は必要に応じて随時、検証し、適時適切にフォローアップを図る態勢を整備しているか。

取締役会等は、信用リスク管理部門等における改善への取組状況をフォローアップする必要があります。
指示・命令を行った事項が確実に行われているか結果を確認することは当然のことではありますが、曖昧になりやすいため、取締役会の責務として明示しています。

3.改善プロセスの見直し

【金融検査マニュアルのチェック項目】

取締役会等は、定期的に又は必要に応じて随時、信用リスク管理の状況に関する報告・調査結果等を踏まえ、改善プロセスの有効性を検証し、適時に見直しているか。

取締役会等は、改善策が態勢の改善に資するものであるか、改善プロセスの過程でネックになっている問題点はないか、定期的にまたは必要に応じて随時、報告・調査による情報を入手し、改善プロセスの見直しを行うことを通じて、信用リスク管理態勢の実効性を高めていくことが求められます。

 

 

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す