資産管理態勢の評価・改善活動

取締役会等は、資産査定管理の実効性を分析・評価し、態勢上の問題点や弱点について適時適切にフォローアップし、改善を図ります。

分析・評価

【金融検査マニュアルのチェック項目】

  1. 資産査定管理の分析・評価
    取締役会等は、監査役監査、内部監査及び外部監査の結果、各種調査結果並びに各部門からの報告等全ての資産査定管理の状況に関する情報に基づき、資産査定管理の状況を的確に分析し、資産査定管理の実効性の評価を行った上で、態勢上の弱点、問題点等改善すべき点の有無及びその内容を適切に検討するとともに、その原因を適切に検証しているか。また、必要な場合には、利害関係者以外の者によって構成された調査委員会等を設置する等、その原因究明については万全を期しているか。
  2. 分析・評価プロセスの見直し
    取締役会等は、定期的に又は必要に応じて随時、資産査定管理の状況に関する報告・調査結果等を踏まえ、分析・評価プロセスの有効性を検証し、適時に見直しているか。

取締役会等は、資産査定管理態勢の改善を図ることを目的として、現状の資産査定管理が有効に機能しているかどうか、プロセスチェックを行う必要があります。
そのために取締役会等は、監査役監査、内部監査、外部監査の結果報告や自ら関連部署に行わせた調査の結果、各部門からの報告など、あらゆる情報を収集した上で、分析・評価を実施します。
さらに、そのような分析・評価のプロセス自体にも改善の余地がないか眼を向ける必要があります。

 

改善活動

【金融検査マニュアルのチェック項目】

  1. 【改善の実施】
     取締役会及び取締役会等は、上記2.(1)の分析・評価及び検証の結果に基づき、必要に応じて改善計画を策定しこれを実施する等の方法により、適時適切に当該問題点及び態勢上の弱点の改善を実施する態勢を整備しているか。
  2. 【改善活動の進捗状況】
     取締役会等は、改善の実施について、その進捗状況を定期的に又は必要に応じて随時、検証し、適時適切にフォローアップを図る態勢を整備しているか。
  3. 【改善プロセスの見直し】
     取締役会等は、定期的に又は必要に応じて随時、資産査定管理の状況に関する報告・調査結果等を踏まえ、改善プロセスの有効性を検証し、適時に見直しているか。

取締役会及び取締役会等は、前述の分析・評価などを踏まえて資産査定管理態勢の問題点、弱点の改善を主導していくことが求められています。この改善のプロセスでは、必要に応じ改善計画を策定して実施する等、目に見える形にして確実に経営陣がフォローしていく必要があります。

金融検査マニュアルの「検証ポイント」において、次の2点が示されていることを見逃してはなりません。

  • 「Ⅱ.管理者による資産査定管理態勢の整備・確立状況」以降のチェック項目の検証において個別の問題点の発生が認められた場合、当該問題点が「Ⅰ.経営陣による資産査定管理態勢の整備・確立状況」のいずれの要素の欠如又は不十分に起因して発生したものであるかを漏れなく検証し、双方向の議論を通じて確認する。
  • 検査官が認識した弱点・問題点を経営陣が認識していない場合には、特に、態勢が有効に機能していない可能性も含めて検証し、双方向の議論を通じて確認する。

 

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す