評価・改善活動

取締役会には、内部監査の有効性を分析・評価し、改善させていくことが求められています。

分析・評価

1.内部監査の有効性の分析・評価

【金融検査チェックリストにおけるチェック項目】

締役会は、監査役監査、内部監査及び外部監査の結果、各種調査結果並びに各部門からの報告等の内部監査の状況に関する情報(内部監査実施要領及び内部監査計画の遵守状況に関する情報を含む。)に基づき、内部監査の状況を的確に把握し、内部監査の実効性の分析・評価を行った上で、態勢上の弱点、問題点等改善すべき点の有無及びその内容を適切に検討するとともに、その原因を適切に検証しているか。
また、必要な場合には、利害関係者以外の者によって構成された調査委員会等を設置する等、その原因究明については万全を期しているか。
また、内部監査部門長は、内部監査実施要領及び内部監査計画の有効性を、定期的に又は必要に応じて随時、分析・評価し、取締役会に報告しているか。

取締役会は、内部監査を評価するために、内部監査部門からの情報に加えて、監査役監査、外部監査の結果、内部監査に対する被監査部門の評価など、多方面からの情報を収集、分析した上で、現状の内部監査態勢のウィークポイント、問題点を探り、改善を促すことが求められています。

企業が、自ら業務運営の健全性と適切性を確保し、さらなる改善を図っていくためには、被監査部門における内部管理態勢の高度化と、これを監査する内部監査部門の態勢の高度化により相互に高めあっていくことが望まれます。
被監査部門の態勢は整備されているが内部監査のレベルは低い、あるいは、被監査部門の態勢は脆弱だが内部監査部門のレベルは高いという評価では、望ましい態勢とは言えません。

2.分析・評価プロセスの見直し

【金融検査チェックリストにおけるチェック項目】

取締役会は、定期的に又は必要に応じて随時、内部監査の状況に関する報告・調査結果等を踏まえ、分析・評価プロセスの有効性を検証し、適時に見直しているか。

取締役会は、経営管理態勢を構築する立場から、内部監査態勢の分析・評価をどのように行っているか、対外的に説明できるかどうかが重要となります。
さらに、この分析・評価プロセスそのものを検証し、問題があれば改善していく見直しも必要となります。

 

改善活動

1.内部監査態勢の改善活動

【金融検査チェックリストにおけるチェック項目】

取締役会は、上記3.(1)の分析・評価及び検証の結果に基づき、 必要に応じて改善計画を策定しこれを実施する等の方法により、適時適切に当該問題点及び態勢上の弱点の改善を実施する態勢を整備しているか。

取締役会は、前述の内部監査態勢に関わる分析・評価に基づいて、内部監査部門に対して、その問題点やウィークポイントを改善させていく具体的な方策を講じるよう指示し、実施させなければなりません。

2.改善活動の進捗状況

【金融検査チェックリストにおけるチェック項目】

締役会は、改善の実施について、その進捗状況を定期的に又は必要に応じて随時検証し、適時適切にフォローアップを図る態勢を整備しているか。

取締役会は、内部監査部門における改善への取組状況をフォローアップする必要があります。
また、内部監査部門にその体制の見直しについて、丸投げしたり、放置してはなりません。

3.改善プロセスの見直し

【金融検査チェックリストにおけるチェック項目】

取締役会は、定期的に又は必要に応じて随時、内部監査の状況に関する報告・調査結果等を踏まえ、改善プロセスの有効性を検証し、適時に見直しているか。

取締役会は、PDCA(PDCI)サイクルを回していくことによって、内部統制の要となる内部監査機能の充実を図っていく必要があります。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す