貸借対照表の負債(流動負債、固定負債)を分析する

財務諸表の一つである貸借対照表(B/S)の右上側に記載されている「負債」には、企業が保有している債務が記載されています。
負債は、将来必ず債権者に対して返さなければいけないものになります。(他人資本)
また、負債の額に応じて定められた利率の利息やクーポンの支払いが必要になります。

流動負債

流動負債とは、通常1年以内に支払う義務があるものを指します。
なお、流動負債か固定負債の分類は、ルールがあります。
まず、正常な営業循環内にあるかどうかで分類する「正常営業循環基準」を適用し、その後に決算日の翌日から起算して、1年以内に回収や支払ができるかを分類する「ワンイヤールール」を適用して判断します。
短期的な支払い能力(安全性)を確保する上で流動負債の額は、ポイントとなります。
一般的に、流動負債の額が流動資産の額を下回っている状態であることが望ましいです。

仕入債務

通常、商品を販売するためには、商品を仕入れたり、生産するための材料を購入しますが、
手間を削減するために行った掛取引によって発生した将来お金を支払わなければいけない債務のことです。
仕入債務は、一般的に多い方が望ましいです。理由は、少しでも多くの現金を手元に置いておけるためです。
もちろん、過剰な仕入れ債務は、過剰在庫に繋がる可能性がありますので注意が必要です。

短期借入金

銀行などから借りたお金のうち、1年以内に返済する必要がある借入金になります。
返済期間が長い長期借入金の額が減少し、短期借入金の額が増加している場合は、銀行などに対する信頼性が低下している可能性が
あるため、注意が必要です。

 

固定負債

固定負債とは、通常返済までの期間が1年以上あるものを指します。

 

社債

企業が資金調達のために金銭の払い込みと引き換えに発行した債券です。いわゆる企業の借金証書です。
満期までの間、債権を保有している投資家に対してクーポンを支払います。
また、満期になった時点で元本を償還します。
信用が低いほどクーポンレートが高くなる傾向があります。

長期借入金

銀行などから借りたお金のうち、返済まで1年以上ある借入金になります。
短期借入金の額と比べて長期借入金の額が多い場合は、おおむね問題ないと判断できます。
返済の支払いに余裕ができるため、手元現金の余裕にも繋がるためです。
ただし、借入金額が過剰の場合は、利息の支払いが負担となる可能性があるため、借り過ぎには注意が必要です。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す