流動性リスク管理態勢の方針の策定

取締役会は、流動性戦略に基づく流動性リスク管理方針を決定します。
また、担当取締役は、流動性リスク管理プロセスを十分に理解した上、流動性リスク管理態勢の整備・確立を図ります。

取締役の役割・責任

【金融検査マニュアルのチェック項目】

取締役は、流動性リスク管理を軽視することが、場合によっては経営破たんに直結するおそれがあることを十分に認識し、流動性リスク管理を重視しているか。
特に担当取締役は、流動性リスクの所在、流動性リスクの種類・特性及び流動性リスクの特定・評価・モニタリング・コントロール等の手法並びに流動性リスク管理の重要性を十分に理解し、この理解に基づき当該金融機関の流動性リスク管理の状況を的確に認識し、適正な流動性リスク管理体制の整備・確立に向けて、方針及び具体的な方策を検討しているか。

取締役によるリスク認識とリスク管理の重視、担当取締役によるリスク管理態勢・リスク管理プロセスに対する深い理解が求められます。
これらのことは、金融検査マニュアルの各リスク管理態勢の確認検査用チェックリストの第1番目の項目として「取締役の役割・責任」が掲げられています。

信用リスクや市場リスクに関しては、金融機関の経営判断として、これを積極的に取っていくこと(リスク・テイク)が考えられますが、流動性リスクは経営破たんに直結したリスクであり、より保守的にリスク回避を重視したものとなります。
担当取締役は、流動性リスク管理全般について、十分に理解した上、態勢整備を主導していく必要があります。

 

流動性戦略の整備・周知

【金融検査マニュアルのチェック項目】

取締役会は、金融機関全体の戦略目標と整合的な流動性戦略を策定し、組織内に周知させているか。
流動性戦略の策定に当たっては、各業務分野の戦略目標との整合性も確保し、通貨・商品・期間別の資産・負債構成、市場性及び流動性を勘案し、かつ自己資本の状況を踏まえ検討しているか。

取締役会が「流動性戦略」を策定すべきことが示されています。
本チェック項目に関しては、パブリック・コメントを踏まえ、金融庁検査局が公表している「金融検査マニュアルに関するよくあるご質問(FAQ)」において、次のように示されています。

Q:「流動性戦略」とはなんですか。
A:

  1. 「流動性戦略」とは、金融機関の業務を行う上での資産・負債(オフ・バランスを含む)の流動性にかかる長期的な計画のことをいいます。
    例えば、流動性リスク管理方針に基づき具体的に定められる流動性リスクの限度枠や流動性危機時の調達手段、対応を含みます。
  2. 他方、流動性リスク管理方針とは、流動性リスク管理の原則です。

「流動性戦略」の用語にとらわれることなく、流動性危機時を想定して平常時から具体的な備え(ひっ迫度に応じたフェーズ管理、コンティンジェンシー・プラン)を持っておくことが重要になります。事が発生したその時になってからでは、選択肢が限られており、手遅れになる恐れがあります。

 

流動性リスク管理方針の整備・周知

【金融検査マニュアルのチェック項目】

取締役会は、流動性リスク管理に管理する方針(以下、「流動性リスク管理方針」という。)を定め、組織全体に周知させているか。
例えば、以下の項目について明確に記載される等、適切なものとなっているか。

  • 流動性リスク管理に関する担当取締役及び取締役会等の役割・責任
  • 流動性リスク管理に関する部門(以下、「流動性リスク管理部門」という。)及び資金繰り運営に関する部門(以下、「資金繰り管理部門」という。)の設置、権限の付与等の組織体制に関する方針
  • 流動性リスクの限度枠の設定に関する方針
  • 流動性リスク管理部門と資金繰り管理部門の役割・責任の分担に関する方針
  • 流動性リスクの特定、評価、モニタリング、コントロール及び削減に関する方針
  • 流動性危機管理に関する方針

取締役会の重要な役割として、「流動性リスク管理方針」を定め、全役職員に周知させることが挙げられます。
本チェック項目に関連して金融庁検査局が公表している「金融検査マニュアルに関するよくあるご質問(FAQ)」では、次のように示されています。

Q:流動性リスクの定義について教えてください。
  検証項目については、旧マニュアルとどのように違うのですか。
A:

  1. (略)
  2. 旧マニュアルでは、「市場流動性リスク」について、市場関連リスク管理態勢で扱っていましたが、今回、流動性リスク管理態勢の対象範囲としました。
    また、旧マニュアルにおけるリスク管理部門と資金繰り管理部門の役割・責任について、ミドルオフィスとしての「流動性リスク管理部門」と資金繰りの運営を行う部門としての「資金繰り管理部門」に整理し、それぞれの役割・責任を明確化しました。

 

従来、資金繰り管理に関しては、資金繰り管理部門を「資金繰りリスク所管部署」と位置付けてきた金融機関が少なからずありますが、リスク管理や内部監査の視点から見た場合に、「資金繰り管理部門の業務運営状況が適切かどうか」を評価するという牽制機能が働いているか、改めて確認しておくことが望まれます。

 

方針策定プロセスの見直し

【金融検査マニュアルのチェック項目】

取締役会は、定期的に又は必要に応じて随時、流動性リスク管理の状況に関する報告・調査結果等を踏まえ、方針策定のプロセスの有効性を検証し、適時見直しているか。

金融検査マニュアルでは、随所にプロセス見直しのチェック項目を置き、金融機関が自律的な改善を図る態勢を整えているか検証するものとしており、本チェック項目もその一環となります。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す