流動性リスク管理の個別具体的な問題点

流動性リスク管理態勢における個別の問題点として、流動性リスク管理における市場部門、営業推進部門等の役割・責任、ALM委員会の役割・責任について説明します。

市場部門、営業推進部等の役割・責任

1.市場流動性リスクを勘案した運用

【金融検査マニュアルのチェック項目】

市場部門は、商品毎に市場の規模・厚み及び流動性を勘案した運用を行っているか。例えば、長期運用商品で中途解約が困難な商品に投資する場合には、運用・調達の期間のギャップに伴う各種リスク(信用・市場等)や、通常の資金運用計画ではカバーできない長期の資金計画について勘案しているか。

基本的に、市場部門では、市場リスク管理規程、流動性リスク管理規程で認められた商品・取引を取り扱うことが一般的であり、商品毎の市場の規模・厚み及び流動性などの商品特性についても事前に検討されています。
しかしながら、市場動向や市場環境の変化によって市場流動性の状況は変化してきますので、マーケットを注意深く見ていくことが求められています。
本チェック項目の脚注では、「長期運用商品で中途解約が困難な商品」とは、「例えば、中途解約を行う場合に高い解約コストやペナルティーがかかる仕組債や仕組ローン等の商品も含む」とされています。

2.流動性リスクに影響を与える要因発生時の報告

【金融検査マニュアルのチェック項目】

市場部門、営業推進部門等は、流動性リスクに影響を与え、かつ報告基準を満たす要因が発生した場合、内部規程・業務細則等に基づいて、速やかに流動性リスク管理部門及び資金繰り管理部門に報告しているか。

市場部門、営業推進部門等から流動性リスク管理部門、資金繰り管理部門への報告態勢について確認することが求められていますが、金融機関にとっては、その前提として、どのような情報をどのように報告しなければならないか、現場に周知されていなければなりません。

 

ALM委員会等の役割・責任

1.流動性戦略等の策定

【金融検査マニュアルのチェック項目】

  1. 資産・負債を総合管理し、運用戦略等の策定・実行に関わる組織としてのALM委員会等は、流動性戦略等の策定に関わっているか。
  2. ALM委員会等は、流動性戦略、流動性リスク管理方針及び流動性リスク管理規程に基づき、政策投資やオフ・バランスも含めて、資産・負債の運営管理について、関連部門の分析・検討データを有効に利用し、流動性の観点から議論しているか。
    また、それらの結果等を取締役会に報告しているか。

流動性戦略の策定は、取締役会の役割とされていますが、ALM委員会等の関与が期待されています。本チェック項目に関する脚注として、「ALM委員会等を設置しない場合は、それに代替するリスク管理プロセスにおいて機能しているかを検証する」ものとされています。
「流動性リスク管理態勢の確認検査用チェックリスト」の2番目のチェック項目として、次のように示されています。

取締役会は、金融機関全体の戦略目標と整合的な流動性戦略を策定し、組織内に周知させているか。
流動性戦略の策定に当たっては、各業務分野の戦略目標との整合性も確保し、通貨・商品・期間別の資産・負債構成、市場性及び流動性を勘案し、かつ自己資本の状況を踏まえ検討しているか。

この記述から、流動性戦略は、ALM委員会による十分な検討が求められる事項となります。

平成19年2月における金融検査マニュアルの改定に際してのパブリック・コメントでは、「ここでいう「政策投資」は、具体的にどのようなものを想定しているか明確にしていただきたい」との紹介に対して「政策投資目的の株式、ファンド等を想定しています。」との回答がされています。

2.ALM委員会等の体制

【金融検査マニュアルのチェック項目】

ALM委員会等は、適時適切に資金繰り管理部門、市場部門等での重要情報を受ける態勢となっているか。
また、重要情報の定義は、内部規程に定義されているか。

ALM委員会において流動性リスク管理に関わる協議、決定などを行うためには、必要とされる情報が現場である資金繰り管理部門、市場部門等から伝達されるルートを確保しておくことが必要です。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す