個別の問題点−資産・負債運営

市場リスクは、トレーディング業務に関わるリスクに限られるものではありません。
多くの金融機関にとって避けることのできない大きな市場リスクとしてバンキング(銀行)勘定の市場リスクがあります。これをコントロールするものとして資産・負債の総合管理、ALM(Asset Liability Management)が極めて重要になります。

国債、地方債の引受等の証券業務、不良債権問題処理に伴う持ち合い株式の益出し、過大な保有株式のリスク削減、貸出難をカバーする投資・運用資産の積上げなど、以前には個別に扱われてきた金融機関の試算・負債に関わる業務運営について、ALMとして総合的に管理されるようになってきています。
さらに、バーゼルⅡにおける「第2の柱(金融機関の自己管理と監督上の検証)」として、金融機関の銀行勘定の金利リスク管理や金融当局によるアウトライヤー規制が着目されているところです。

 

方針等の策定及び体制

【金融検査マニュアルのチェック項目】

1. 戦略目標等の策定

  1. 資産・負債を総合管理し、運用戦略等の策定・実行に関わる組織としてのALM委員会等は、市場部門の戦略目標等の策定に関わっているか。

  2. ALM委員会等は、戦略目標、市場リスク管理方針及び市場リスク管理規程に基づき、政策投資やオフ・バランスも含めて資産・負債の運営管理について議論し、自己資本等の経営体力対比でリスクをコントロールしているか。
    例えば、銀行勘定の金利リスク水準を自己資本対比でコントロールしているか。
  3. ALM委員会等は、金利及び為替予測、リスク把握、ヘッジ取引等の関連部門の分析・検討データを有効に利用しているか。
    特に金利リスクに関して、多面的で適切なリスク分析・計測を行った評価結果等が正確に報告され、資産・負債運営について十分に議論されているか。
    また、リスク・カテゴリーの異なる資産の相殺効果等についても、その影響等について検討しているか。

2. ALM委員会等の体制

  1. 市場部門等での重要情報は、ALM委員会等に適時適切に報告される体制となっているか。
    また、重要情報の定義は、内部規程に定義されているか。
  2. 関連部門の担当取締役や管理者は、ALM委員会等に毎回出席し、検討を行っているか。
    また、市場環境の大幅な変動時等の経営に重大な影響を与える事案が発生した場合には、適時適切にALM委員会等を開催し、代表取締役が出席しているか。
  1. 現在、多くの金融機関で、経営者レベルの会議体としてALM委員会が設置されています。
    本チェック項目は、そのようなALM委員会等が機能しているかどうかを検証するものです。脚注では、「ALM委員会等を設置しない場合は、それに代替するリスク管理プロセスにおいて機能しているかを検証する」ものとされています。
    ALM委員会の議論は、実質的なものである必要があり、単なる金利予測委員会では済まされませんし、ALMを「資産・負債を総合管理することによって収益を極大化するもの」とのみ捉え、リスク管理の側面を軽視したものであってもなりません。
  2. 経営レベルでの会議体であるALM委員会等が的確な審議・決定を行うためには、報告内容、重要情報があらかじめ精選されていることが望まれます。
    前の「市場業務運営」では、「市場部門は、市場リスクに関する全ての情報を、迅速かつ正確に市場リスク管理部門に伝達しているか」というチェック項目がありましたが、それと比較すると、報告内容が絞り込まれています。
    なお、一方で過去に重要情報の範囲を狭くして本来報告されるべき事項が報告されないことがあっても不都合が生じます。

 

適切な資産・負債運営

【金融検査マニュアルのチェック項目】

1.限度枠管理
 市場リスク管理方針、市場リスク管理規定に基づき、資産・負債の総合管理において市場リスクの側面からの限度枠管理が行われるか。限度枠の設定は、自己資本や業務純益等を考慮し、経営体力と比較して過大な設定となっていないか。政策投資やオフバランスも含めて設定しているか。
 なお、必要に応じ、限度枠の手前に、警告水準としてのアラーム・ポイントを設定し、アラーム・ポイントを超過した場合はの報告体制等の対応を定めているか。
 また、限度枠及びアラーム・ポイント設定は、定期的に又は必要に応じて随時、見直しているか。

2.リスク・コントロール
 戦略目標等、市場リスク管理方針及び市場リスク管理規程に基づき、金利、為替、価格変動等の市場リスクをコントロールしているか。
 例えば、銀行勘定の金利リスクの水準をコントロールしているか。

3.ALM委員会等での検討結果の経営戦略への活用

  1. 取締役会における戦略目標及び市場リスク管理方針の策定に際して、ALM委員会等の分析結果を勘案しているか。
  2. 市場リスク管理部門は、戦略目標、市場リスク管理方針、市場リスク管理規定等に基づき、市場リスクのコントロールが行われているかを検証し、取締役会等に報告しているか。戦略目標、市場リスク管理方針、市場リスク管理規定等に基づき、業務運営が行われていない場合は、速やかに改善措置をとっているか。

市場リスクのコントロールには、限度枠管理が非常に有効です。
ALMに限度枠管理を適用する場合には、経営体力に見合った限度枠の設定水準とすること、どのようにして計測されたリスク量に対して限度枠を設定するかあらかじめ定められていること、対象となる資産・負債は、オフ・バランス取引を含めて漏れがないこと、などに留意する必要があります。
バンキング勘定のALMの場合には、急激にリスク量が変化するケースは、少ないのですが資産・負債の残高が桁違いに大きく、預金・貸出金は顧客の動向に左右されるため、コントロールがより困難であるという特徴があります。
したがって、限度枠の設定に際してもそのようなALM管理の特徴を押さえたものとしておく必要があります。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す