市場リスク管理態勢の方針の策定

各取締役は、市場リスク管理を重視し、取締役会は、経営方針、戦略目標に沿った市場リスク管理方針を決定します。

取締役の役割・責任

【金融検査マニュアルのチェック項目】

取締役は、市場リスク管理を軽視することが戦略目標の達成に重大な影響を与えることを十分に認識し、市場リスク管理を重視しているか。特に担当取締役は、市場リスクの所在、市場リスクの種類・特性及び市場リスクの特定・評価・モニタリング・コントロール等の手法並びに市場リスク管理の重要性を十分に理解し、この理解に基づき当該金融機関の市場リスク管理の状況を的確に認識し、適正な市場リスク管理態勢の整備・確立に向けて、方針及び具体的な方策を検討しているか。
例えば、担当取締役は市場リスク計測・分析方法(手法、前提条件等)の限界及び弱点を理解し、それを補う方策を検討しているか。

金融検査マニュアルの各リスク管理態勢の確認検査用チェックリストでは、第1番目のチェック項目として「取締役の役割・責任」を掲げています。

経営管理(ガバナンス)態勢の確認用チェックリストにおいて、取締役・代表取締役の役割・責任に関する次のようなチェック項目があります。そのような、経営上の重要課題とされるリスク管理の一環として、他のリスク管理と同様に、市場リスク管理態勢の整備に関しても取締役会を構成する取締役一人ひとりが市場リスク管理を重視することがその始まりとなります。

【経営管理態勢:取締役・代表取締役の役割・責任】

「取締役は、経営相談・経営指導等をはじめとした金融円滑化の推進、当該金融機関に適用される各種法令等の概要、顧客の保護及び利便の向上、当該金融機関が有する各種リスクの特性の概要及びリスク管理の重要性を理解し、金融円滑化、法令等遵守、顧客保護等及びリスク管理を経営上の重要課題の一つとして位置づけているか」

 

取締役には、複雑な金融商品に関する技術的な知識や法律問題、洗練されたリスク管理手法についての詳細な知識を持つことまでは要求されません。
しかしながら、取締役は、自社戦略目標の達成を目指すうえで、収益獲得にだけ目を奪われて、戦略目標の達成を阻害するリスクに対してどのように対処していくかというリスク管理の側面があることを忘れてはいけません。
市場リスク管理部門の管理者やスタッフとして、自社の負っている市場リスクを完全に理解したうえで、そのリスクを評価し、コントロールするために必要な専門知識を有する人財を確保できるようにしておく責任があります。
なお、市場リスクを理解するために関連する法律問題やリスク管理手法などは、最低限知識を持っておく必要があります。

市場リスク管理を担当する取締役は、市場リスク及び市場リスク管理について、特に深い理解が求められます。
ここでは、「特に担当する取締役は」とありますので、金融機関において市場リスク管理を担当する取締役が任命されていることが前提とされています。「市場リスク管理」の担当であって、市場取引を行う「市場部門」の担当ではありません。
金融機関における各取締役の所掌と金融検査マニュアルで想定されている「市場リスク管理」の機能が異なっている場合、あるいは、担当が取締役ではなく、執行役員、部長等になっている場合には、留意しておく必要があります。

さらに、トレーディングを積極的に行うことはしていないが、バンキング勘定の金利リスクがあって、総合企画部の中にALM委員会の事務局を設置しているような金融機関の場合にも、このチェック項目をどのように解するかが問題となっています。
担当取締役の理解すべき内容として、次の項目があります。

  • 市場リスクの種類・特性及び市場リスクの特定
  • 評価
  • モニタリング
  • コントロール

担当取締役は、自社の市場リスク計測・分析手法についても知見を有している必要があります。
その理由として、例えば、取締役会に報告される市場リスク量の金額がどのような前提条件のもとに算出されたものであるか、あるいは、自社の採用する市場リスク計測手法の課題・問題点が何であるか、説明できるといったことが挙げられます。

 

市場部門の戦略目標の整備・周知

【金融検査マニュアルのチェック項目】

締役会は、金融機関全体の戦略目標と整合的な市場部門の戦略目標を策定し、組織内に周知させているか。市場部門の戦略目標の策定に当たっては、各業務分野の戦略目標との整合性も確保し、資産・負債(オフ・バランスを含む。)の構成、市場性及び流動性を勘案し、かつ自己資本の状況を踏まえ検討しているか。
また、例えば、以下の項目について留意しているか。

  • どの程度の市場リスクを取り、どの程度の収益を目標とするのかを定めるに当たり、市場リスクを最小限度に抑えることを目標とするのか、能動的に一定の市場リスクを引受け、これを管理する中で収益を上げることを目標とするのか等を明確にしているか。
  • 市場部門の戦略目標は、収益確保を優先するあまり、市場リスク管理を軽視したものになっていないか。特に、長期的な市場リスクを軽視し、短期的な収益確保を優先した目標の設定や当該目標を反映した業績評価の設定を行っていないか。

金融機関の業務執行の最高意思決定機関である「取締役会」は、自社の経営方針や特性を踏まえて市場部門における戦略目標を決定します。
ここで重要なことは、「どの程度の市場リスクを取り、どの程度の収益を目標とするのか」について、経営としての考え方を明確にするという点です。
それに応じてどのまでのリスク管理態勢を整備するかが大きく変わってくることとなります。

したがって、自社の規模・特性に応じた、自社に固有の戦略目標を決定することが一層重要となります。

 

市場リスク管理方針の整備・周知

【金融検査マニュアルのチェック項目】

締役会は、市場リスク管理に関する方針(以下「市場リスク管理方針」という。)を定め、組織全体に周知させているか。
例えば、以下の項目について明確に記載される等、適切なものとなっているか。

  • 市場リスク管理に関する担当取締役及び取締役会等の役割・責任
  • 市場リスク管理に関する部門(以下「市場リスク管理部門」という。)、市場部門及び市場取引等に関する事務管理を行う部門(以下「事務管理部門」という。)の設置、権限の付与等の組織体制に関する方針
  • 市場リスクの限度枠の設定に関する方針
  • 市場リスクの特定、評価、モニタリング、コントロール及び削減に関する方針

取締役会は、経営方針及び市場部門の戦略目標に則って、市場リスク管理に関する方針「市場リスク管理方針」を決定します。
市場リスク管理方針の内容は、どこまで具体的に規定するかは各金融機関の裁量とされていますが、ここでは、例として、経営陣の主体的な関与の具体的なあり方、市場リスク管理部門(ミドル・オフィス)、市場部門(フロント・オフィス)及び事務管理部門(バック・オフィス)といった組織体制、どこまでのリスク・テイクを許容するかという限度枠、一連の市場リスク管理プロセスに関わる方針を列挙します。

 

方針策定プロセスの見直し

【金融検査マニュアルのチェック項目】

締役会は、定期的に又は必要に応じて随時、市場リスク管理の状況に関する報告・調査結果等を踏まえ、方針策定のプロセスの有効性を検証し、適時に見直しているか。

市場リスク管理態勢について、自律的な改善を図る態勢が整備されているかどうかをチェックする一環として、取締役会による方針策定のプロセスに問題点がないか、問題点が認められた場合には、それを改善させる手立てが講じられているかどうかが問われています。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す