市場リスク管理のフレームワーク

市場リスク管理のフレームワークとして必須となる構成要素を整理していきます。

市場リスク管理のフレームワークの全体像

市場リスクを巡る損失事件は、市場リスクを組織全体でフレームワークとして管理することの重要性を明らかにしました。以下に一般的な市場リスク管理のフレームワークを示していますが、これは内部統制の一般的なフレームワークを踏襲したものとなっています。

市場リスクのフレームワークの特徴として、次の2点を挙げることができます。

  • リスクの計測としての軽量化が比較的容易であること
  • それを前提とした多様な制御手法が存在すること

また、このフレームワークの中では、リスク軽量化手法とリスク管理のプロセスがポイントとなります。

 

市場リスク管理のフレームワーク構成要素

1.経営方針・戦略目標・自己資本等

市場リスク管理においても、経営陣の果たす役割は極めて重要です。経営陣は、リスク管理の重要性を認識したうえで、リスク管理の基本方針等の重要事項を決定し、主導していくことが求められています。

市場リスク管理を行う場合、自社の経営方針、戦略目標、自己資本等が前提となります。どのような業務を行い、どこまでのリスクを取るかという戦略目標に応じて必要とされるリスク管理態勢のあり方が異なります。
したがって、リスク管理手法や内部規程などのリスク管理態勢の内容を決定する前提として、各金融機関の戦略目標を設定することが不可欠となります。

戦略目標を設定する際には、自社の経営方針との整合性や金融機関経営の健全性を確保するために自己資本(経営体力)の点から見てどうか判断していく必要があります。
例えば、ある金融機関が経営方針として株式のトレーディングを行わないことを決定したとすると、株式のトレーディング業務に係るリスク管理の体制は不要ということになります。市場リスク管理は、すべての金融機関に対して一律のものではありません。

2.リスク管理の基本方針と組織(相互牽制機能の発揮)

実務的には、取締役会でリスク管理に関する最重要項目の決議を行い、取締役会から権限委譲を受けたリスク管理委員会、ALM委員会などの委員会などにおいて詳細な検討を行うことが通例となっています。

経営方針・経営戦略が決定されると、次に重要になってくるのが、リスク管理の基本方針とその方針に応じた組織を構築することです。リスク管理の基本方針は、リスク管理に関する最上位の規定であり、市場リスクのみならずすべてのリスク管理方針の基本を定めるものです。
リスク管理の基本方針では、その内容の1つとしてリスク管理に関わる基本的な組織態勢を定める必要があります。組織体制の構築に際しては、相互牽制機能が十分働くように配慮する必要があります。
例えば、市場リスク管理では、フロント・オフィス(市場部門)、ミドル・オフィス(市場リスク管理部門)、バック・オフィス(事務管理部門)を分離して、それぞれの職務分掌・権限を設定することが重要になります。

【リスク管理の基本方針】

    • 経営方針、戦略目標とリスク管理の基本方針の関係
    • 取り扱う金融商品、参加する市場の特定
    • リスク量の限度の設定
    • リスク管理の組織、権限
    • リスク測定の方法と手続
    • リスク管理のための人事

3.リスクの定義

市場リスク管理では、リスク管理を行う前提として、管理対象とすべきリスクを特定し、定義することが必要です。
リスクの定義は、経営方針や経営戦略に基づいて市場業務の取り組み姿勢を定めたうえで、実際に市場業務のリスク管理を行う(リスクの軽量化や制御を行うこと)ために重要な作業となります。

主要な市場リスクとして、金利リスク、為替リスク、株式リスク、コモディティ・リスクなどがありますが、金融機関のどの業務・商品にこれらのリスクが所在するのかを把握、分析したうえで管理すべきリスクを特定していくことになります。
この場合にポイントとなるのが、リスクのプライオリティ(優先順位)づけです。
自社のリスクを網羅的に把握することは大切ですが、経営上の重要性が低いリスクに過度の経営資源を投入して高度なリスク管理体制・手法を構築することは、適切なリスク管理態勢の確立という観点からは問題があるとされます。

4.リスクの計測

次のステップとして、定義されたリスクを計測することが挙げられます。
リスクを計測することによって、他のリスクとの比較や、そのリスクに関するリスク管理が可能となります。
リスクの計測手法には様々な手法があって、それぞれに一長一短がありますので、計測手法を選択する際には、各計測手法の限界をよく理解した上で用いなければいけません。
したがって、リスク計測手法は1つの手法に依存するのではなく、ある手法の限界を補完するために別の手法も用いるなどの工夫により、リスク計測結果の精度を高める必要がります。

5.リスクの制御

次に計測したリスクの制御について考えます。
リスクの制御(コントロール)は、リスク量を自己資本の範囲内に抑える、あるいは、損失が決算に与える影響を抑えるために潜在的損失額に限度を設定するといったリスク・リミット(限度)の管理が中心となります。
また、リスク量の削減手段としては、保有するリスク資産の削減やデリバティブ等を用いたヘッジ手段の活用を挙げることができます。

6.モニタリングとフィードバック

以上に示したプロセスは、一度行えばよいというものではありません。
外部環境の変化(市場動向等)や内部環境の変化(経営方針の変更等)に対応して、常に現在の自社のリスク・プロファイルに適合したリスク管理となっているか見直していく必要があります。
また、以上に説明したプロセス、特に「リスクの計測」と「リスクの制御」について、その頻度を決めることも重要です。
トレーディング業務のような短期的な市場変動による収益獲得を目指す業務では、絶えずリスク量が変化しますのでモニタリングの頻度を高める必要があります。

7.内部監査

以上の1.から6.までの構成要素からなる市場リスク管理のフレームワークが構築され、有効に機能しているかどうかを「独立した評価」として検証し、問題点の是正・改善を促すことが内部監査部門の役割になります。

市場リスク管理というと、VaRに代表されるリスク計測手法の評価に目が向けられがちですが、リスク計測手法は市場リスク管理のフレームワークの一部分にすぎません。
市場リスク管理態勢の内部監査にあたっては、次の示すような「リスク管理のプロセス」と「リスク管理プロセスが機能するために必要な項目」からなるマトリクスに従ってフレームワーク全体を多面的かつ横断的に評価を行っていくことが非常に重要です。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す