リスク管理のための各組織との関係

各組織の機能と相互関係

内部監査を担当する役職員がリスク管理態勢をチェックする際には、各部門がリスク管理のプロセスにおいて与えられた責務を十分に果たしているか否かについて、レビューしなければいけません。

リスク管理業務の実践における、経営陣、フロントオフィス、バックオフィス、リスク管理部署及び内部監査部門の役割について、整理します。

【リスク管理態勢の基本形】

 

1.経営陣

経営陣は、リスク管理の最終的な責任を負っています。
リスク管理の基本的なフレームワークは、経営陣が決めなければなりません。
また、現行のリスク管理が十分に機能しているか否かについて、常に監視する義務があります。少なくとも、次の点については、十分な機能を発揮する必要があります。

  • 目指すべき企業像を定め、経営戦略を策定し、リスク運営の中長期的な基本方針を決定する。
  • リスク管理プロセスの土台となる基本的な規則を承認する。
  • 定期的に、自己資本の管理等と整合性のあるリスク運営方針と各ビジネス部門へのリスク配分の決定を行う。
  • 定期的に、リスクとリスク管理の状況をチェックし、必要であれば、フロントオフィスに対して是正のための指示を出す。

2.フロントオフィス(取引執行部門)

フロントオフィスは、実際に外部と取引を実行し、収益をもたらす重要な部門です。
外部と取引する結果として、収益と共にリスクを組織にもたらします。フロントオフィスには、収益獲得のインセンティブが与えられますが、その行動は、リスク管理のフレームワークの中で制限が設けられていなければなりません。

  • 経営陣が決定した基本方針及びリスクの限度内で、取引の執行を行い、リスク・テイクする。
  • 取引伝票の起票やシステムへの一次入力により、個別取引情報をバックオフィスへ伝達する。
  • 取引内容について、リスク管理部門のモニタリングを受ける。

3.バックオフィス(後方事務部門)

バックオフィスは、フロントオフィスが実行した取引について、相手方と内容の確認を行い、取引されたものの授受や代り金の決済を行うと共に、内部的にも当該取引を記録し適切に処理するための組織です。
バックオフィスは、フロントオフィスが不適切な取引を行っていないことを確認する重要な防波堤の役割を果たしており、この機能が働いていない場合は、ミドルオフィスの機能は著しく低下します。

  • フロントオフィスからの取引情報(伝票やシステムへの一次入力情報)と取引相手からの取引情報を照合し、齟齬がないことを確認する。
  • フロントオフィスからの取引情報に基づき、記帳等の事務処理及び資金・現物等の決済を行う。

4.ミドルオフィス(リスク管理部門)

ミドルオフィスは、フロントをモニタリングする独立した機関です。
バックオフィスの機能は、取引の正確性や異例取引の存在をチェックすることに適していますが、リスク量を監視するという目的には不向きな場合が少なくありません。
このため、ミドルオフィスが総合的なリスク管理部門として、バックがフロントの取引を適切にチェックしているかを含めて、リスク管理態勢をモニタリングすることが求められています。

  • 全社的リスク管理態勢の構築・整備に責任を負う。
  • バックオフィスが記帳した取引情報に基づき、全社が負っているリスクを数量化して把握する。
    ただし、バックオフィスの記帳に時間がかかる場合は、フロントオフィスから取引情報を直接採取する場合もある。
  • フロントオフィスの取引内容が、リスク管理規程や経営陣の決定した運営方針と齟齬が無いことをチェックする。
  • 定期的にリスク状況を経営陣に報告する。
    その際、経営陣が取引内容や実質的なリスクを理解できるように工夫する。
  • フロントオフィスの取引内容が経営陣の決定した運営方針の範囲内であっても、リスク管理上必要があれば、経営陣に対してフロントオフィスへの是正指示を勧告する。
  • 外部環境の変化に対応して、リスク管理態勢(規則、組織等)の見直しを行い、是正の必要があれば、経営陣に対して勧告する。

5.内部監査部門

内部監査部門は、独立した第三者として、フロント・ミドル・バックによるリスク管理態勢が適切かつ有効に機能しているか否かをレビューすることが重要です。
また、経営陣の代理人として、上記の各部門の関係が相互牽制を有効なものにするようになっているか検証し、経営陣に報告しなければいけません。
しかしながら、リスク管理が過剰になり過ぎて、リスクを全くとらなくなったら、本末転倒です。
組織の収益に対する追求が弱まってしまうことで、かえって組織にとってのリスクが一層高くなってしまうという見方もできます。
内部監査では、このような視点からミドルとフロントが適切に牽制する関係になっているか否かをチェックすることも必要です。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す