貸借対照表の見方

貸借対照表は、会社の資産状況を記載した財務諸表の一つです。
Balance Sheet(B/S)と呼ばれています。

一定期間後(主に期末)にどのような資産がどの位あるのかを確認することができます。

貸借対照表の見方

貸借対照表は、「資産」、「負債」、「自己資本」で構成されています。
調達したお金(負債、純資産)を何に利用したか(使用したか)を確認することができます。
図に表すと次のような構成になります。

貸借対照表(B/S)

左側に資産があり、右側の上に負債、その下に純資産があります。
なお、記載する位置は、決まっています。

貸借対照表は、バランスシートと言われることからも左右の金額が一致(常にバランスが取れている)します。

資産

資産は、貸借対照表がある時点にある現金、建物や機械設備など現在保有している資産が該当します。
これらは、調達したお金を使用することで増えていくものです。
一方調達したお金は、負債と純資産になります。

資産=負債+純資産

資産には、大きく分けて「流動資産」と「固定資産」があります。

流動資産

流動資産とは、主に1年以内に現金化や費用化できる資産になります。
主な流動資産に、次のようなものがあります。

  • 現金・預金
    現金、当座預金などの要求払預金のことです。ただし、預け入れ期間の定めがあるものは含みません。
  • 売掛金
    商品、サービスを販売して、売上金を受け取れる権利のこと。まだ未入金となっている金額のことです。
  • 有価証券
    国債や債権などで短期的に売買することを目的とした証券(売買目的有価証券)や1年以内に満期が訪れる預金などのことです。
  • 商品(棚卸資産)
    在庫している未販売の商品のことです。

固定資産

固定資産とは、すぐに換金できない資産のことです。機械や建物など形がある「有形固定資産」、ソフトウェアやのれんなど形がない「無形固定資産」に分別されます。
主な固定資産に、次のようなものがあります。

  • 建物
    事業活動で使用する建物のことです。
  • 設備
    事業活動で使用する機械設備のことです。
  • ソフトウェア
    事業活動で利用するソフトウェアのことです。
  • のれん
    他の企業を買収した際に実際の価値と買収額の間に発生する差額のことです。

負債

負債は、銀行等からの借入など将来、現金等の流出が発生する債務などになります。負債には、大きく分けて「流動負債」と「固定負債」があります。
主な負債に、次のようなものがあります。

流動負債

流動負債とは、主に1年以内に支払期限が到来する債権のことです。
主な流動負債には、次のようなものがあります。

  • 買掛金
    商品や材料などを仕入れて、支払をしなければいけない債務のこと。まだ未払金となっている金額のことです。
  • 借入金
    借入金のうち、返済期間が1年未満の借入金のことです。
  • 未払法人税等
    期末における法人税、住民税及び事業税の支払額のことです。

固定負債

固定負債とは、支払期限まで猶予(1年以上)がある債権のことです。
主な固定負債には、次のようなものがあります。

  • 社債
    会社が資金調達のために発行した有価証券で償還期限が1年以上のものです。
  • 長期借入金
    借入金のうち、返済期間が1年以上の借入金のことです。

純資産

純資産とは、返済義務がない出資された資本金や利益を留保した準備金などです。
返済義務がありませんので、流動、固定といった概念はありません。

 

企業に過剰な資産がないか負債と純資産のバランス(負債が大きくなりすぎていないか)を貸借対照表から読み取ることができます。
貸借対照表は、調達したお金の使い方を表すものですので、特定の項目に過剰に使われていないかを確認する上で重要です。
また、自己資本や流動資産が負債と比較して少ないと安全性の面で問題がある可能性がありますので注意が必要となります。

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す