小規模事業者持続化補助金

小規模事業者の経営計画に基づき販路開拓に取り組む費用を支援します。

なお、従業者の処遇改善(賃上げ)、雇用対策、海外展開、買い物弱者対策を行う事業者については、補助上限額を増減し、より重点的に支援します。

 

対象となる方

小規模事業者

 

補助内容

一般型

補助対象と認められる費用の3分の2以内となります。
75万円以上の補助対象となる事業費に対して、50万円を補助します。
75万円未満の場合は、その3分の2の金額を補助します。

  • 補助上限額
    50万円
    100万円(賃上げ、海外展開、買い物弱者対策を行う事業者)
    500万円(将来の事業承継を見据えた共同設備投資等)

複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業の場合は、補助上限額が「1事業者当たりの補助上限額(50万円)」×連携小規模事業者数の金額となります。
ただし、500万円を上限とします。

 

補助対象となる経費

補助対象となる経費は、補助事業期間中に「販路開拓(又は生産性向上)の取組」を実施したことに要する費用の支出に限られます。

1 機械装置等費

  • 事業の遂行に必要な機械装置等の購入に要する経費

 

2 広報費

  • 「パンフレット」、「ポスター」及び「チラシ」等を作成するため及び広報媒体等を活用するために支払われる経費

 

3 展示会等出展費

  • 「新商品等を展示会等に出展」又は「商談会に参加」するために要する経費

 

4 旅費

  • 事業の遂行に必要な情報収集(単なる視察、セミナー研修等参加は除く)、各種調査を行うため及び販路開拓(展示会等の会場との往復を含む)等のための旅費

 

5 開発費

  • 新商品の試作品や包装パッケージの試作開発に伴う原材料、設計、デザイン、製造、改良、加工するために支払われる経費

 

6 資料購入費

  • 事業遂行に必要不可欠な図書等を購入するために支払われる経費

 

7 雑役経費

  • 事業遂行に必要な業務・事務を補助するために補助事業期間中に臨時的に雇い入れた者のアルバイト代、派遣労働者の派遣料、交通費として支払われる経費

 

8 借料

  • 事業遂行に直接必要な機器・設備等のリース料、レンタル料として支払われる経費

 

9 専門家謝金

  • 事業の遂行に必要な指導・助言を受けるために依頼した専門家等に謝礼として支払われる経費

 

10 専門家旅費

  • 事業の遂行に必要な指導・助言等を依頼した専門家等に支払われる旅費

 

11 車両購入費

  • 買い物弱者対策に取り組む事業で、買い物弱者の居住する地区で移動販売、宅配事業等をするために必要不可欠な車両の購入に必要な経費

 

12 委託費

  • 上記1~11の経費に該当しない経費であって、事業遂行に必要な業務の一部を第三者に委託(委任)するために支払われる経費

 

13 外注費

  • 上記1~11の経費に該当しない経費であって、事業遂行に必要な業務の一部を第三者に外注(請負)するために支払われる経費

 

提出書類等

指定された様式での事業計画書の作成が必要となります。

採択されるための作成方法は、おまかせください。

利用や応募にかかわるご相談は、次の項目をご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問合せの種類 (必須)
まずは相談したいサービスの申込みをしたいその他のお問合せ

ご希望のサービス (必須)
業務効率化・改善について相談または依頼をしたいシステム導入の相談または依頼をしたいよく分からない・迷っているその他のご相談

会社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

お問合せ内容

記事製作者

中小企業診断士 湯谷 一夫

コンサルティングのご依頼などサービスの詳細は、次のバナーをクリックしてください。  

コメントを残す